診療案内

胃腸科

胃腸科とは、胃と腸だけでなく肝臓、胆嚢、膵臓、肛門などの病気を診察治療する診療科です。
胃、大腸内視鏡、腹部超音波(エコー)、レントゲンなどを駆使し「食道がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、胆嚢がん、胆石症など」の診断を行います。
定期的な検査をしていれば、がんやその他の疾患などを早期発見できる確率は高くなります。微小ながんであれば、内視鏡処置だけで、がんを完治させることが可能です。


一般内科として高血圧、糖尿病、痛風、脂質異常、かぜなども診察治療いたしております。
お気軽にご相談下さい。

外科

外傷(切り傷)の縫合処置、皮下腫瘍摘出手術、熱傷処置を行なっております。